CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
OriginalSin商会
マルセイユの老舗商会です。 復帰&初心者&安住の地をお求めのベテランの皆様、気楽に遊びたいけど商会には所属しておきたいなーなどなど、いつでも入会をお待ちしております! 色々な時代を経て、現在は少人数で、それぞれが自分のペースでインして遊んでます。会長、副会長はその時点でin率の高い者が担当します。 (2016年3月現在、ポロネさんたちが大体います。lowlandさんはたまーにきます。) サービス終了までこの商会がなくなることはありません。入会は、マルセイユの商会管理局から!よろしくお願い致します。
RECENT COMMENT
PROFILE
OTHERS
LINKS
ARCHIVES
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
<< 名産品コンボ(99) | main | ロングスクーナーと大型クリッパーの性能比較 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
船の強化成功率


 ロングスクーナが実装されて数日。その圧倒的な速さから強化をがんばることにしました。デルフィンストームセイルを使うため、その前の強化で中間より高い値をだそうと決意(でも挫折)。で、数字がいろいろ集まりましたので、ここに記録し、私の思うことを書きます!



強化船種:ロングスクーナー
強化段階:0/5→1/5 (要求造船ランク17)
強化時造船ランク:20
強化材料:大ラティーンセイル + 提督居室2コ
 【縦帆40〜50、横帆-10〜0、旋回2〜6、対波0〜4、船倉-8〜0】


強化回数:51回

 まず、大ラティーンセイルのみが影響する縦横帆数値を(縦、横)で記述すると
 (45、 -5)   29回    29/51=57%   0.8*0.8=0.64
 (45、-10)   11回   11/51=22%   0.8*0.2=0.16
 (40、 -5)    9回      9/51=18%   0.2*0.8=0.16
 (40、-10)    2回     2/51=  4%   0.2*0.2=0.04

 この段階で、中間値8割、中間値未満2割の独立事象と仮定するとそれなりに近い数字になります。


 続いて『旋回、対波、船倉』を個別に見てみると
 旋回4 33  65%
 旋回3 17  33%
 旋回2 1   2%

 対波2 32  63%
 対波1 16  31%
 対波0 3   6%

 船倉-4 32  63%
 船倉-6 18  35%
 船倉-8 1   2%

 ここも部品2つのため概ね中間値8割、中間値未満2割という仮定に当てはまります。(0.8^2=0.64 0.8*0.2*2=0.32 0.2^2=0.04)


 強化部品の個別の強化性能ごと成功判定で、強化全体で成功判定がなされていないという仮定を補強するものとして、縦横帆が(45、-5)というあたりの時の『旋回、対波、船倉』と帆数値ハズレのときの『旋回、対波、船倉』に有意な差がないこと、旋回4の時の『対波、船倉』とそれ以外の旋回数値の時の『対波、船倉』に有意な差がないこと、が挙げられます。

 生産の時と同じく2割という数字が出てきたのは、想定されましたが、中間値を越えるあたりが一度もなかったのは驚きました。上で述べたように個別の強化部品ごとではなく、個別の強化部品の強化性能ごとの個別成否判定と思われるので、大成功が失敗によって相殺されている可能性はあるのですが、それにしてもでないものですね。

 1/5→2/5の強化もそれなりに行いましたが、0/5→1/5だけのほうが分かりやすく、結論は同じことなので省略します。



《仮定の結論》
・個別の強化部品の強化性能ごとに成否が判定される。
・中間値がでる確率8割、失敗する確率2割。
 (造船ランク20で要求造船ランク17)



 ※強化後に減量すると旋回だけでなく、対波があがったりする事があります。強化後減量するという機会が、強化回数に比較して非常に少ないので、ここには記述できませんが、これは目に見えない大成功に分類すべきことかもしれません。





 結果としてこんな数値になりました。デルフィンストームセイル3つ使った割には普通の数値ですが、3/5.4/5と3部品で強化した横帆数値に失敗が一度もなかったため5/5の時に大マストを使わずに済んだのは運がよかったと思います。運がいいといっても0.8^3=0.512程度の確率ですが・・・。わたしには十分な船といえます。


 (2011/7/16追記)
 失敗率を上記の仮定として、どの強化部品の強化期待値が高いのか計算しました。今回の計算対象は『旋回と対波』で汎用部品の強化幅から、 旋回+3=対波+2 という基準を勝手に設定します。
 
 そうした場合
 提督居室1コ・・・ 期待値 3.0(旋回換算3.0という意味です)
 舫  綱1コ・・・ 期待値 2.8
 船 匠 室 1コ・・・ 期待値 2.7
 渡 し 綱 1コ・・・ 期待値 2.7
 ※提督居室と船匠室は、減量期待値-2.4が別に存在する。

 に、なりました。最大効果を狙う場合も提督居室が基本的に有利でそれがそのまま期待値に反映されているといえます。

| 造船関係 | 20:22 | comments(1) | -
スポンサーサイト
| - | 20:22 | - | -
コメント
強化値がすべて独立事象、
中間値8割 強化5回 各パーツが2種類の強化値を持つ
なんて仮定するとすべてが中間値になる確率は
0.8^(5*3*2)=0.00123=0.123%
となりますかね。

そろそろ並走して性能を比べてみたいところですね。
しばらくロングスクーナーに乗っての個人的に気になる点は
・加速は大クリよりいいか?
・真後ろからの風のときに速度キャップに達しているか?
です。
| cookie | 2011/07/16 1:36 PM |
コメントする